大手銀行は低金利を狙いやすい

大手の銀行カードローンであれば、低金利を狙いやすくなります。特に利用しやすいのがみずほ銀行で、元々の金利自体が小さいのですが、限度額次第で更なる低金利を実現できます。これほどの低金利が実現できるのは、大手の銀行だからこそ出来るサービスと言えます。

こうしたサービスの実現によって、更に低金利に仕様と考えている銀行が増えています。大手は安心出来るだけでなく、利用限度額の大きさもありますので、色々な用途に利用出来るようになります。

低金利を考えている方は、出来る限り大手の銀行から選び、なお且つ信頼されることです。

カードローンの総量規制について

貸金業法の改正により、総量規制が実施されており、当然カードローンも総量規制の対象になります。従って、利用者の年収の三分の一を超える貸し出しは行うことができません。この総量規制が適用されるのは、貸金業法が適用される業者だということです。

即ち、信販系、クレジット会社、消費者金融系などの金融業者が該当するのです。銀行のカードローンなどは、銀行法が適用されていますので、総量規制の対象外となります。

なお、クレジットカードのショッピング取引については総量規制の適用を受けませんが、キャッシングは対象となります。また、保証人がいても貸金業者からの借り入れは三分の一を超える借り入れは出来ないのです。

ポイント抑えて借入れ簡単!カードローン審査

突然お金が必要になってしまったり、急な出費で困った時など、ピンチの時に便利なのがカードローです。カードローンはスピーディーな審査と気軽に借りられる便利さが人気ですが、審査のポイントをしっかり抑えておかないと、借入れが出来ない場合もあります。

特に気をつけなければならないのが、総量規制の問題。総量規制とは、借入金額を年間収入の3分の1までに制限するもので、年収の3分の1を超えた借入れに対しては、この規制によってローンの審査が通らない場合があります。

複数のローンを利用されている方や、借入限度額を超えている方は要注意。借入れ総額をしっかり把握しておく必要があります。総量規制はカードローンの利用者を保護するための規制ですが、必要な時に借り入れられないのは不便なのもの。

収入の3分の1以上の金額を借り入れたい時は、銀行カードローンの審査を利用すると良いかもしれません。銀行カードローンなら、総量規制の対象外となっていますので、場合によっては借入れが可能になります。

プロミスの審査をチェックする!

審査の際に重要になる項目を抑えておけば、もっと借入れがしやすくなるかもしれません。ローンの審査には、年齢や住所、電話番号、収入、勤務先と、その勤続年数、現在住まわれている住所の居住期間、健康保険など、借入希望者の属性情報が必要になります。

この属性をコンピュータに打ち込んで点数化し、自動計算されたスコアで審査が行なわれますので、これらを把握しておくことが大切です。

20代から30代の若い年齢、勤続年数や居住期間が長い場合に点数が高くなり、70代以上の年齢、勤続年数が半年未満、居住期間が一年未満の場合は点数が低くなってしまいます。

また、属性の評価が高くても、他のローンの返済が滞っていると審査が通らないケースがみられますので、支払い期限を延滞しているローンが無いかどうかは前もって調べておきましょう。最も重要視されるのが、安定した収入と社会保障。

決まった収入があれば、雇用形態はパートやアルバイト、契約社員でも問題なく、保障会社の保障を受ける事が出来る方なら審査はスムーズに行なわれます。

電話番号も、携帯電話だけではなく、自宅番号も知らせた方が評価は高くなりますので、出来るだけ知らせた方が良いかもしれません。