保証会社の違いで審査に通りやすいとかあるの?

消費者金融のカードローンにしても銀行や信用金庫などのカードローンにしても、基本的に特別審査が甘くなっているということはありません。

少なくとも、賃金法や銀行法の法律を守って貸し出しを行っている業者に関しては一定ラインの審査基準がありますので、極端に審査基準が甘いということはありません。

しかしながら、消費者金融にしても、銀行や信用金庫などの記入機関にしても商品として扱っているカードローンですから、それなりに一定の審査基準意外にもある程度の差は存在します。特に消費者金融と銀行のカードローンでは、審査の通過率が違うという事実はあります。

信用機関の情報で問題がない状態であれば、消費者金融の大手企業の場合には必ずしも希望通りの限度額になるとは言えませんが、減額という形での審査通過も含めれば、審査の通過率は銀行に比べると高い数字が出ています。

この結果であれば、消費者金融のカードローンが優れているという判断になりますが、実際には銀行のカードローンなどにはメリットも存在します。

銀行のカードローンの場合には、保証会社と銀行の双方の審査に通過をする事が基本になりますが、総量規制の決まりがあるために専業主婦などの収入がない人は基本的には消費者金融からは借り入れる事ができません。

一部例外の商品もありますが、専業主婦の場合には配偶者に安定した収入があれば、審査の対象となる特徴があります。

銀行のカードローンの審査には保証会社がありますが、その保証会社によって審査の有利不利があるかは、大きな差はないまでも状況によっては違いが出ると考えられます。

銀行の審査の中でもこれまでの取引状況や今後の事なども総合的に考慮しますが、銀行のカードローンを申し込む時には、同じ保証会社からの借入数が多い場合には、審査では厳しくなるケースも考えられます。

引用:カードローン博士

しかしながら、保証会社にもそれぞれ考え方があり、新規の顧客に対しては基準を下げているケースもありますし、おまとめなどを目的としている場合には有利に審査を薦める傾向がある保証会社もあります。

実際に消費者金融としても大手ですし、金融機関の保証会社も務めている企業の中には新規の顧客に対する審査通過率がかなり高くなっている傾向もある事から保証会社の違いによる審査の通りやすさには差があるといえるのではないでしょうか。

最もわかりやすいのは、保証会社による違いとは言えませんが、消費者金融や銀行などのカードローンをキャンペーン期間のように紹介している時期には審査に通りやすくなります。

このようなケースでも審査そのものは保証会社でも行っていますから、保証会社による審査の通りやすさの違いにもつながってくることがわかります。